ホーム   »  スポンサー広告  »     »  ひとりごと  »  オカルト開発現場

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オカルト開発現場

オーパーツ (OOPARTS) とは、「場違いな工芸品」という意味。それらが発見された場所や時代とはまったくそぐわないと考えられる物品を指し、英語の Out Of Place Artifacts の頭文字をとったものである。日本語では「時代錯誤遺物」と意訳されることもある。

quoted from Wikipedia

開発現場は時にオカルトである。この業界の人間なら誰しも一度は 「こびとさん (俗称)」 の事例を耳にしたことがあるだろう。助けられた人や嫌われてる人、住み家と思しきサーバの裏にこっそり供物を置く人や、さらにはモカの過剰摂取で実際に目撃したという人まで出る始末。こびとさんとは関係なくても、ルーターの出初式にオフダをかかさない人、開発機に〆縄張る人など、情報化社会の仕事人とはいえ、やはりそこは人間である。

最近、オーパーツという単語を目にする機会があったので調べてみた。何でも古代遺跡から出てきたトンデモ遺物 ─ マヤのパレンケ遺跡で見つかったロケットの設計図だとか、白亜紀の地層から出た靴で歩いたような足跡の化石だとか、まるで手塚治虫の三つ目がとおるを彷彿とさせるようなそんな類のものである。

開発の現場でも、意外なところで場違いかつ用途不明なモノを発見をすることがしばしばある。知らない人が残していったツールであったり、あるいはもはや実行環境すらない 20 年前の COBOL ソースであったり。その手のものはまとめてオーパーツと呼んで良いだろう。それに OOParts って何かオブジェクト指向チックじゃない。

大きなプロジェクトだと、終盤に差し掛かった頃に全ソースを 「?」 「なぜか」 「かも」 「多分」 「絶対」 「はず」 などで検索してみると大変興味深いものが見られるだろう。もちろんそれを全部消せなんて野暮なことは言わないで、黙って一つ一つ丹念にコードを確認出来る人間だけがこびとさんになる資格を持つのである。

コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Profile
Takami Torao
Takami Torao
C/C++ 使いだった 1996年、運命の Java と出会い現在に至る。のらアーキテクト。
Yah, this is image so I don't wanna eat spam, sorry!
Search

Google
MOYO Laboratory
Web

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。