ホーム   »  スポンサー広告  »     »  Java  »  [JMX] DynamicMBean を使用する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[JMX] DynamicMBean を使用する

Java Management Extension (JMX) を使用して動的に変化する MXBean を作成する方法について。

DynamicMBean のサブクラスを作成し、getMBeanInfo() でその MBean の定義する属性、コンストラクタ、オペレーション、通知などを定義した MBeanInfo を返してやると、JMXServer の方で適時 getAttribute() や invoke() が呼び出される。

一部の属性やオペレーションのみ差し替えたいのであれば StandardMBean のサブクラスで getMBeanInfo() をオーバーライドして必要な部分だけ差し替えたものを返せば良い。

class Foo implements DynamicMBean {
}
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Profile
Takami Torao
Takami Torao
C/C++ 使いだった 1996年、運命の Java と出会い現在に至る。のらアーキテクト。
Yah, this is image so I don't wanna eat spam, sorry!
Search

Google
MOYO Laboratory
Web

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。